耳

頻繁にめまいがするなら病院へ~見逃さない!病気のサイン~

花粉症に対する治療法

男女

抗アレルギー剤の効果

アレルギー性鼻炎は、いろいろなものが抗原となって、発生する可能性のある疾患です。そうしたアレルギー性鼻炎のなかでも、近年増加しているのが花粉症です。花粉症は、植物が出す花粉が抗原となるアレルギー性鼻炎で、スギやヒノキがいちばん多くなります。そうした花粉症の治療法として、よく用いられてきたのが、抗ヒスタミン剤です。アレルギー性鼻炎が起こると、ヒスタミンがたくさん放出されて、症状を起こします。しかし抗ヒスタミン剤は、ヒスタミンの放出そのものを、少なくする役割はしません。そこで最近は、ヒスタミンの放出を少なくする、抗アレルギー剤が使用されるようになっています。したがって花粉症では、抗アレルギー剤を使用すると、ヒスタミンの放出を少なくしてくれるのです。

レーザーを用いた手術療法

このように、花粉症に対する薬を用いた治療法は、進化しています。しかし、それ以外の花粉症の治療法も進化しています。とくに、レーザーを用いた手術療法は、効果が高いために、多くの人から期待されているのです。先述のように花粉症は、花粉が抗原となるのですが、花粉が鼻粘膜に侵入することで発生します。すなわち、鼻粘膜の特定の部分が、花粉のレセプターになるのです。このレセプターを、破壊することを目的にするのが、レーザーによる手術療法です。手術療法は、病院などの大きな医療機関で行うことが、一般的になっています。ところが、花粉症に対するレーザーを用いた手術療法は、診療所でも実施することが可能なのです。したがって、診療所での花粉症に対するレーザーを用いた手術療法が、増加すると予測されます。